米国株の魅力は何と言っても高配当の銘柄が多いところです。
50年以上も増配し続けている企業もあります。
そのため、配当を長期的に貰い続ける目的で米国株を購入する投資家も増えています。
企業の配当の高さは日本企業とは比べ物にならず10年以上も増配を続けている企業が多数あります。

また、米国株は日本株と比較して高配当の銘柄が多く存在します。
NYダウと日経平均の予想配当利回りを比べても、その差の大きいことがわかります。

・日本株平均配当1.98%
・NYダウ平均配当2.30%

米国企業は、株主還元を重視した経営方針のため、日本企業のような株主優待制度はありませんが、現金で株主に還元している企業がほとんどです。
また日本企業の年2回の配当とは違って、四半期ごとに配当を行う企業が多いので、米国株の方が配当金の資金効率も良くなります。
年間4回も配当金を貰えるということは配当月の違う3銘柄を購入することで毎月配当金を貰うことも可能になります。

米国株の魅力に迫る<<<米国株の配当事情>>>目指せ米国株で配当生活