米国株投資に興味を持ち取引をしてみたいという投資家のために日本株との取引方法の違いや米国株投資のデメリットについてご紹介しておきます。

米国株投資を始めてみよう

外国株式取引口座といっても、アメリカ国内の証券会社の口座を開設する必要はなく、
日本国内のネット証券会社が外国株式取引口座を提供してくれています。
以下の何れかの証券会社の口座を持っていれば、簡単な申請で米国株取引を始めることができます。

・SBI証券
・マネックス証券
・楽天証券

日本株と米国株の違い

株式の売買方法は概ね日本株の売買と同じルールですが、少し違いがあります。
取引単位について日本株は100株単位のように単位株数での売買が主流ですが米国株は1株から購入が可能です。
1株から購入可能ということは少額から米国株を購入できるということです。
手数料を気にしなければ1万円もあれば十分購入可能です。

米国株のデメリット

米国株にも幾つかのデメリットが存在します。
米国株は情報面や為替、手数料など日本株に投資を行うよりも不利になる点が多くあります。
特に手数料については各国内のネット証券会社で異なりますが凡そ5米ドル(最低手数料)程度の会社が多いようです。
国内株式投資の手数料がかなり安くなっている昨今、1回の売買手数料が日本円で500円超というのは少し高く感じられます。
この手数料体系では1株から購入できる米国株といえども小額での売買は少し厳しいように思えます。

また、米国株の配当金を受け取る場合、配当金の額に応じた税金を納めなければなりません。
株式投資では、証券会社で口座を開設する際に、特定口座を選択することができます。
米国株の配当金においても税金は自身で確定申告する必要がなく、証券会社が源泉徴収した残りの金額が、配当金として支払われます。
しかし、米国株の配当金からは、日本国内での源泉徴収分だけではなく、米国内での源泉徴収分も二重に課税されてしまいます。

米国株の魅力<<<米国株を買うための基礎知識>>>米国株の魅力に迫る