入金も完了、そして購入銘柄も決定となればいよいよ買い出動です。
1万円前後で何株買う購入出来るか、あらかじめシュミレーションしておく必要があります。

その前にS株のルールを補足しておきます。
購入は全て「成行買い」になるため、その日の最大値上がり高×購入株数分の資金が必要となります。

伊藤忠商事では、購入日の価格は1,323円です。値幅制限は1,023円~1,623円になります。
値幅制限を調べるのはSBI証券でも良いし、ヤフーファイナンスなどでも簡単に知ることができます。

購入銘柄を決めるうえでまずやることは、1万円÷1,323円7.56株を頭に入れて購入株数を7株にするか8株にするかを決めます。
これで、購入株数は決まり、次に必要資金の計算は1,623円×8株=12,984円になります。

簡単に説明すると現在の株価で大凡の購入株数を決める。
次に値幅制限最大価格で購入株数をかけた金額を資金として準備する。
必要に応じて証券会社に入金手続きを行う。
注文

という流れになります。