日本の株式市場、魅力を感じますか・・というより日本の国自体の将来性に魅力を感じることができるのでしょうか。

私は日本という国も大好きでこれからもっともっと元気になってほしいと常々思っていますが、現実はそうは簡単には行きません。
少額投資で日本株をコツコツと買い集めるのも面白く十分満喫できるのですが、海外に目を向けてみるのも一つの投資の楽しみ方だと思います。

以前は海外投資と言えば小額では難しいとか為替の問題だとかハードルはかなり高かったように思います。
特に手数料が高い。小額投資家にとっては小資金で運用するわけですから手数料が高ければそれだけリスクも多くなります。

私が取引をしているSBI証券の外国株の手数料も同様に高いです。
米国株は1株から購入可能ですが手数料が25米ドル(約2,500円超)も必要になります。

1万円で米国株を購入するのに2,500円も手数料で支払うわけにはいきません。
そこで、注目した商品は海外ETFというものです。

「海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した、海外の取引所に上場している投資信託(ETF)です。
少額の資金で、対象指数に採用されている全銘柄への投資と同様の効果が得られ、世界中の様々な地域・資産・商品へリアルタイムに分散投資ができます。」
SBI証券HPより転載

この商品は手数料が何とゼロです。

2016_06_17_001

 

 

 

また、海外ETFの商品は沢山あるので銘柄選びが非常に難しいです。取りあえず、分配金(高配当金)などを考慮して決めていきたいと考えています。

僅かな投資においても海外に資産を持つと何だか気分が良いですね。海外ETFは外貨と日本通貨で購入が可能です。
私は現在、円高水準なので米ドル建てで購入しようかと考えています。

ドル資産を持つことも気分最高。更に為替差益も狙えるのが特徴です。
海外ETFは20米ドル辺りから投資が可能、更に手数料も無料なので意外に小額投資家向きの商品でもあります。

次回は購入編をお届けします。

皆さんも小額で海外投資に挑戦してみませんか。