利益を確実にすることも重要では・・

管理人は小額投資でコツコツと様々な商品に投資をしていますが
最近、少し疑問に思うことがあります。

その疑問とは保有資産がプラスになっていても、それは確実な利益ではないという不安です。
今はプラスですが、近い将来にはマイナスになる可能性も十分考えられます。

そうした不安を払しょくするには、ある程度のルールを決めて利確することも重要なことではないかと考えました。
この、「ある程度のルール」というのも曲者で答えは勿論ありません。

そこで、管理人は自分に一番合いそうな「ある程度のルール」を仮定してみました。
その内容は「購入時より利回りが20%以上になれば利確」というルール

少しの利益で利確をすると度重なる売買にストレスを感じることになります。
また、利回り20%であれば売却して次の出遅れた商品を購入する方が良いと考えました。

上げた商品は必ず下がります。下げている商品は何時かの時点で必ず上がります。
下げ続ける銘柄はなし、また上げ続ける銘柄もないのです。

こうして、ある程度のルールの下での売買も必要かと思い決行してみることにしました。
まずは我が「少額投資ファンド」を見てみましょう。

2016_09_14_001

6464 ツバキ・ナカシマという会社がターゲットになります。
購入価格は1,164円で現在の価格が1,427円 利回りが22.59%になります。

こうしてみると利回り20%越えは中々至難の業のように思えます。
この6464 ツバキ・ナカシマを売却して次なる出遅れ銘柄を購入することとします。

次にFXです。10日に一度の千円投資です。
当初は「ドル・コスト平均法」で買いコストを平準化する、そして金利を手にするという魂胆でしたが為替は株式よりも上下への値動きが激しいため利回り20%ルールを適用する方が有効と考えました。

2016_09_14_002

7月11日購入分、6月20日購入分が該当します。
千円を投資して20%以上の利確を目指す。残りのものは継続して金利を期待する。

まだ、小額投資を初めて間が無いのでどのような方法が有効かは判断できませんが少なくても利益を確実にするという事は最も重要だと判断しました。