少ない資産をどのように増やすか、いやいや、どのようにしてリスクを抑えて確実に増やせるかが小額投資家の一番の悩みです。

管理人はミニ株、FX、海外ETFと大きく3つのカテゴリーに分散投資をしています。
しかしながら、内訳はミニ株が大半を占めているのが現状です。

そこで、全てのカテゴリーである程度、均一化を図ることを考えました。
そして、それを実行するためミニ株の一部を売却することとしました。

売却銘柄は積水ハウス、GMOクリックホールディングス、ナ・デックス、キャノン、伊藤忠商事です。
この結果、ミニ株は無借金経営の会社を中心にかなり身軽になりました。

そして今、力を入れている海外ETFを購入です。

「ヴァンエックベクトル新興国高利回り債」という商品です。

2016_09_26_001

価格は1口2,500円前後で購入可能。更に毎月分配金が支払われます。その利回りは6%超です。

2016_09_26_002

チャートも過去3年を見ても20ドル台でほぼ安定した値動きです。

2016_09_26_004

分配金も過去の実績では概ね良好に支払われています。
商品の内容には一部リスクもあるかもしれませんが、こうした商品も分散することでリスク回避をしていきます。

2016_09_26_003

海外ETFはかなりの小額から投資が可能なため、できれば毎月得られる配当金や分配金で増やして行きたいです。