海外ETF簡単スクリーニング

海外ETFについては、難しい、面倒くさい、良く解らない、商品が多くて何を買ってよいか見当がつかない等など、色々な課題もあり購入をためらっている投資家も多くいるみたいなので、本日は銘柄選びから購入に至るまで簡単に説明いたします。少しでも参考になれば幸いです。

管理人の取引会社はSBI証券なので、こちらの取引事例で紹介いたします。非常に多くの商品が有るので、こちらの検索ツールを上手く活用して自分に合った商品を選ぶことが重要です。

ログイン後、画面ツールの中に「海外ETF検索ツール」という欄があるので、こちらをクリック

2016_10_14_001

検索画面が現れるので、自分の気になるカテゴリーを選んでスクリーニングしていきます。

2016_10_14_006

米国上場からスタートします。

2016_10_14_002

資産について株式、債権、コモディティから選びます。解らない場合は全てでOK

2016_10_14_003

地域を選びます。こちらは自分が気になる国などを選べば良いと思います。気になる国が無い場合は全てでOK

2016_10_14_004

業種を選びます。これは日本の株式とも一緒です。

2016_10_14_005

最後は中小型を選べば一通り選んだことになります。

例として管理人が選んだものの画面を掲載します。
選んだ内容は米国上場・資産:株、地域:ベトナムです。検索の結果1銘柄を選び出すことができました。

2016_10_14_008

選び出された銘柄の詳細を確認します。

2016_10_14_009

1口14.78ドルなので1,600円もあれば参戦可能になります。配当利回りも3%を超えています。
此処まで確認ができれば、後は購入するのみです。

2016_10_14_010

購入も比較的簡単でドルと円の両方で購入可能です。
更にNISA口座開設していれば取引手数料はゼロになります。

1口千円程度から購入できたうえ、分配金利回りも高い、海外ETFは分散投資には欠かせないものだと思います。