ISOの考えを下に売買システムを構築中ですが、このISOの売買システムの一番の狙いは「何時、誰が、どのような状況」においても同じ投資ができるシステムを構築するというところにあります。もちろん、投資のプロだろうが素人であろうがです。

そのためには、売買手法、手順を明確にすることと、必ずその内容を確認できるシステムが必要となります。そこで、今回は日本株(ミニ株)の購入時チェックリストを作成して、それを下に購入してみることにしました。

まずは、銘柄選びですが購入手順は「日本株売買システムVer.1.0」に準じて選定します。

具体的には「有利子負債ゼロ銘柄スクリーニング」から購入銘柄候補を抽出します。購入候補の銘柄が決まれば、以下のチェックリストを用いて再チェック後、購入という運びになります。

2016_11_22_001

有利子負債ゼロ、自己資本比率70%以上、配当利回り3%以上をクリアした後、会社四季報で中長期的な動向を確認する必要があります。今は調子よくても今後の見通しが悪ければ株価は伸びないためです。

2016_11_22_002

今回はISOの手順書、規定、チェックリストの運用を試すため、手順に従い昨日、1銘柄を購入いたしました。購入銘柄は4327 日本エス・エイチ・エル(株)という会社になります。詳細は次の記事で書きたいと考えています。自分的には申し分のない銘柄を購入できたと喜んでいます。