東京証券所に上場している 1555 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)という商品をミニ株(S株)で購入しました。

こちらの商品は、主として、オーストラリア証券取引所上場の不動産投資信託証券に投資し、円換算したS&P/ASX200 A-REIT指数の動きに連動する投資成果をめざして運用を行なっているものになります。

まさか、国内ETFが単位未満株(S株)で購入できるとは気が付きませんでした。こちらの商品は「日本株売買システムVer.1.0」に準じて売買するのは難しいため、国内ETFにおける売買手法を追加で構築する必要がありそうです。

1555 上場インデックスファンド豪州リートの詳細内容は以下の通りです。

2016_11_25_102

通常売買数は10株からなので単純に考えると15,000円程度必要になります。管理人は1銘柄1万円前後の投資を考えているため、S株で売買することにしました。ただし、このS株は手数料が発生します。手数料52円、課税額4円でした。

2016_11_25_104

この商品の注目は配当利回りが3%超、更に隔月で6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)の支払い計画になっています。ただし、信託報酬が0.45%あることも忘れてはなりません。何も考えずに単純に配当利回りを計算すると3.5%(前年度の数値参考)になりますが、信託報酬等を加味すると3.0%程度に落ち着きそうです。

2016_11_25_103

何れにしても固有の銘柄を保有するリスクより、分散した商品の方がリスクは少ない。更にオーストラリアの不動産が対象ということで、管理人が保有しているカテゴリーの中でも十分な分散投資ができたことになります。

>1万円から始める不動産投資(海外ETF)編 」で今週購入した、iシェアーズ 米国不動産 ETFも3%を超す分配金が計画されています。(あくまでも前年度の実績では)投資対象は米国の不動産になっています。

今週は米国不動産、オーストラリア不動産の2銘柄を手に入れることができました。残り考えられるのは日本国内の不動産、新興国の不動産が挙げられます。いやぁ~少額投資は楽しいですね。1,000円から10,000円有れば様々な商品を購入することができます。これからも自分に有意義な商品を探していきたいと考えています。