システム稼働後の利確率100%

14日よりISOの基本的な考え方を用いて始めた「FX売買システムVer.1.0」ですが、順調すぎるくらい良い結果が得られています。これで完璧という事は全くありませんが、順調なスタートがきれて嬉しい限りです。

14日、21日の週初めに購入した南アフリカランドは比較的早めに利確することができていました。一方、トルコリラがやや軟調で推移していましたが、昨晩の一気の上げで14日分、21日分とも目出度く利確することができました。更に金利も僅かながら付いていました。

一気の上げの原因は「トルコ中銀は24日、政策金利を現行の7.50%から8.00%に引き上げることを決めたと発表した。市場予想は7.50%での据え置きだったため、市場の予想外の結果となった。また、翌日物貸出金利も現行の8.25%から8.50%に引き上げた。」のようです。

2016_11_25_001

一気に上げた後、またもや失速したトルコリラですが、今回は絵に描いたように「FX売買システムVer.1.0」が上手く稼働いたしました。FXは短期的な売買に向いてい居るようです。利益が出た時点で即座に利確する方が良いのかもしれません。

2016_11_25_002

スワップポイント(金利)が23.22円、6.03円は流石に高金利通貨と言ったところでしょうか。という事で現在の保有状況はゼロになりました。次回は11月28日購入予定です。11月14日より元金20,000円で始めたFX投資ですが2週間で20,630円という状況です。まずまずのスタート。

2016_11_25_003

早速、FXの売買記録の方へ記入しておきました。

2016_11_25_004

週初めに南アフリカランド、トルコリラを各1,000円、レバレッジ10倍で投資をしており、利益を各通貨で150円に設定しているため、1週間の利益がマックスで300円の利益がでます。一方、損きりはと言えばマイナス240円に設定しているため、週最大でマイナス480円になります。今後はこのプラス300円とマイナス480円の数比べになりますが、長期間データを取ることでプラス150円、マイナス240円の数値も変更していかなければなりません。

当面、この考えを基に売買を続けていきますが、何か問題点や課題が見つかれば改善していく予定です。