やはり「利確してなんぼの世界」でした。毎週初めに投資をしている通貨、南アフリカランドとトルコリラですが、その内のトルコリラは投資することが非常に難しい通貨と考えます。

高金利が魅力で広く沢山の投資家から愛されている通貨ですが、この通貨のお蔭で何人の投資家が泣いていることでしょうか。この度、「週初めの千円投資トルコリラ利確」の記事でも書きましたが、プラス150円で早々に利確した後、まだまだ上がりそうで少し後悔もしていましたが、実際は大幅な下げに転じています。

2016_12_02_901

利確後、右肩下がりで下げ続けているトルコリラ。長期保有であれば利益も出ない状況に陥ることになります。その点、「FX売買システムVer.1.0」により自分自身で利確基準、損きり基準を決めて投資をすることで、こうした悪条件は払拭されます。

今までの管理人の失敗例:高金利を期待して長期保有するも、買値がどんどん下がり結局、金利だけでは追いつかない状況に陥り損きりや塩漬け。その点、利益は少ない反面、その都度毎に利確、損きりを積み上げる方がやはり賢い投資と考えられます。短期間の保有においても僅かな期間でも金利が付くのもグッドです。

そんな問題児のトルコリラですが、長期チャートを見てみると以下の通り。

2016_12_02_902

このチャートを見て、管理人は「もう下げないだろう、今後は下げてもしれているだろう。」と考えて自分の大切な資産を投資してしまうパターンでした。しかし、このチャートの右肩下がりは、まだまだ続く可能性が十分あります。新規で買いを入れるのであればチャートが右肩上がりになるのを待って参戦するべきです。しかし、右肩上がりになっても本物かは確約できません。

そうしたことを考えると、短期的な売買がやはり安心、安全という事になりそうです。それも「自分のルール」をきめての短期投資が重要です。今回のトルコリラの値動きを見て改めて確信することができました。