管理人の過去のFX売買手法「FX売買システムVer.1.0」から「FX売買システムVer.1.1」へ、更に「FX売買システムVer.2」へと、継続的に改善を行ってきました。

しかしながら、思うような結果が得られず、管理人が理想に掲げているリスクを抑えて安定した投資手法には程遠い結果となっています。その時、その時の相場で為替は大きく上下するため、同じ手法を継続的に用いた投資は、管理人が求めるFX投資には合わないような気がします。とは言え、FX投資の魅力は高金利と大きく動く値動きの速さなので、投資対象から外すわけにはいかないのが現状です。

今回は、今までの反省も踏まえて新たにFX売買手法を構築することにしました。そもそも、上記の売買手法は「短期間で利益を求める」といった趣旨です。更に毎週毎週2通貨の積み上げでの投資なので調子の良い時は良いのですが、一旦、下降トレンドに入ると大きな損害を出すリスクもあります。トルコリラがその顕著な例です。

そこで管理人が投資をして現在成功している「日本株」にFX投資を置き換えという事を考えました。つまり、日本株の場合は配当利回り3%以上を期待した長期投資。更に利益が投資額に対して20%以上出たら利確という、単純明快な投資手法です。

そうした状況を踏まえ「FX売買システムVer.3」として以下の内容に大幅改善しました。

・ブログのタイトル通り「1万円で始めるFX投資」に傾注します。
・ZAR(南アフリカランド)に10,000円
・TRY(トルコリラ)に10,000円
・レバレッジを2倍以内にする。
・投資額の20%以上で利確をする。それ以外は継続保有とする。
・レバレッジ2倍以内なので損きりは行わない。

今回の改善で最も重要なポイントは「欲を出さない」に徹底しました。レバレッジが2倍なので、よほどのことがない限りロストカットは有り得ませんから。日本株より少し利回りの良い銘柄に投資をした感じです。

早速、昨日保有通貨をすべて売却しました。結果はかろうじて元本を確保していました。(元本20,000円→売却後20,016円)そして各通貨10,000円を元手にレバレッジ2倍程度(20,000円)で南アフリカランドとトルコリラを購入することにしました。

20,000円(元本10,000円×レバレッジ2倍)で南アフリカランドを購入できる数は2,300通貨、同様にトルコリラは650通貨となりました。購入後、利益率20%で無期限の指値注文を出しておきました。これで、過去の売買のように毎週月曜日と水曜日に購入するという煩わしさからも解放されました。

口座の状況を確認しておきます。

・必要証拠金:1,547円
・資産評価額:20,000円(19,972円)
・証拠金維持率:資産評価額÷必要証拠金=1,290%

今回購入した通貨を株式同様、持ち続けます。次回のブログ更新時にレバレッジ2倍についてのロストカット基準、スワップ(金利)について詳細を記載します。