FX投資について大幅に改善した理由の最大の目的は「リスク回避」です。

毎週、同じパターンで売買を繰り返すと、その労力の割に結果が出ない状態でした。毎週2度の投資というストレスもあり、今回の見直しになりました。

今回の「売り」はレバレッジ2倍の投資で株式投資以上の利益を獲得する。というものです。それでは、レバレッジ2倍は本当に安全なのか、そして、今回の場合、ロストカットは幾らになるのかを検証しておかなければなりません。

○ 投資額10,000円×レバレッジ2倍=20,000円以内
○ 南アフリカランド:2,300通貨(1通貨8.3967円×2,300通貨=19,312円<20,000円)
○ トルコリラ:650通貨(1通貨29.9593円×650通貨=19,4735円<20,000円)

上記の内容で、レバレッジ2倍のロストカットになる基準額を計算してみました。

○ 南アフリカランド:8.3967円(購入価格)、6.223円(ロストカット価格) 下落幅:2.1737円
○ トルコリラ:29.9593円(購入価格)、22.267円(ロストカット価格) 下落幅:7.6923円

上記の結果を見て「危ない」と思うか思わないかは、各人それぞれ異なりますが、管理人はロストカット価格には成り得ないと考えています。しかしながら、今後何が起こるかわからない中で、ロストカット価格になっても不思議ではありません。

ただ、管理人が今考えられるFX投資の中で、FXの長所(レバレッジを効かせた高利回り通貨への投資)を有効に活用し、リスクを大幅に軽減した投資だと現状考えています。日本の株式市場においても「倒産リスク」などもあるので同じような感覚と思っています。

SBIFXトレードのロストカット基準

「口座全体の証拠金維持率が原則1分毎のロスカット判定により、50%を下回った場合は全ポジションを強制決済することです。」になっています。管理人の場合、南アフリカランドが1通貨あたり6.223円、トルコリラ22.267円で投資がの50%の5,000円にりロストカットとなります。

さて、このレバレッジ2倍、各通貨10,000円の投資でどれだけの利益が期待できるかを検証しておきます。為替の上下については、その時その時により大きく上下を繰り返すので今は何とも言えません。今言えるのは、この2通貨の政策金利が30日間、360日間、変わらなかった場合の大凡の金利のみが計算できるので参考に掲載します。

○ 南アフリカランド:2,300通貨の投資 30日間の金利:97円、360日間の金利:1,159円
○ トルコリラ:650通貨の投資 30日間の金利:111円、360日間の金利:1,334円
合計では30日間:208円、360日間:2,493円にもなります。

この額は現在管理人が投資対象にいている日本株、海外ETFよりも数段高利回りになります。FX投資で大きく利益を得ることを考えず、リスクを抑えて日本株や外国株の利回りよりやや高い程度を目指すことで、FX投資は必ずや成功するものと考えています。単純計算すると各通貨の利回りは10%を超える計算になります。

試行錯誤しながらの少額投資を試みていますが、自分の大切な財産を可能な限りリスクを抑えながら増やせていければいう事なしです。そのようになるように今後も継続的な改善を行いながら「自分の売買システム」を構築してまいります。