1月17日記事「4792山田コンサルティンググループ利確に成功」で次の購入資金が捻出できたので本日、早速購入いたしました。

購入銘柄は1月10日記事「6175 ナカヨを購入」で紹介した6475ナカヨを再度購入しました。

前回購入価格より株価が下がっていたのでナンピン買の実行となりました。

この会社、将来的に魅力を感じています。四季報で確認。

勿論、主な指標は管理人の目指している「日本株(ミニ株)売買システムVer.1.1」に準じた内容になっています。

配当金は3月一括で、1株につき13円になります。前回25株、今回25株の購入で合わせて50株になることから650円の配当金が期待されます。

1月9日 ヤフーファイナンスの記事を以下に転載しておきます。

PERもPBRも割安な「好業績株」を発掘できる5つのスクリーニング条件をプロが伝授!上昇相場でまだまだ上値が追える出遅れ銘柄を狙え

【条件1】予想PERが10倍未満
【条件2】PBRが1倍未満
【条件3】配当利回りが3%以上
【条件4】「ネットキャッシュ÷時価総額」が30%以上
【条件5】前期、今期予想と連続で経常増益

 業績が下降して株価が割安になっている銘柄はNG。業績が伸びている銘柄のほうがストレートに株価指標の割安感を評価できる。経常利益が連続で伸びている銘柄に絞ろう。スクリーニング条件にあてはまり、今期予想増益率の高い銘柄を紹介。

1位は、今期予想増益率が抜群に高い、通信機器メーカーの「ナカヨ(6715)」だ。ビジネスホンなど高付加価値の電話機を製造する同社の予想増益率は53%となっている。【ヤフーファイナンスより記事転載】

今回、日本株投資で初めてナンピン買を試みてみました。上記、この会社の魅力は十分であり低位株での値上がり期待もあり踏み切りました。計50株の保有なので何とか利回り20%を目指して頑張ってほしいものです。