IPOへの投資、第2弾の記事

本日、マネックス証券でIPO銘柄の購入手続きを行いました。当たるはずがないIPOですが、購入意思表示をしないと確率はゼロです。そして、お金に物を言わせる証券会社は避け、完全平等に抽せんしてもらえる証券会社で初挑戦します。

IPO銘柄と言っても、毎月沢山の会社が上場します。良いか悪いか、人気があるかないのか等を調べる他、売り出し価格が貧乏投資家には一番気になるところです。購入意思表示をする際、購入分の価格が口座に反映されていないと、参加ができないのが辛いところです。

今回挑戦する銘柄は「力の源ホールディングス」という会社です。

売り出し価格が「540円~600円」なので100株注文で60,000円あれば参加できそうです。価格が安いと助かります。早速手続きを。

手続き完了画面です。

後は公募・売り出し価格が3月9日決定その後、抽選日も3月9日のようです。

IPO投資の一番良いところ

・投資した資金は当選しなければ全額返ってきます。

IPO投資の一番悪いところ

・中々、当選しません。
・購入意思表示から抽選結果が決定するまで資金が拘束されます。

何れにしてもIPO投資は、当選しなくても資金が張ることは有りませんし、当選すると大幅な利益も期待できます。つまり、ローリスク・ハイリターンの投資ですが、1回も当たらない投資家もいるみたいです。小額のIPOに何度かトライしてみて今後については考えていきます。