eワラントマイナスプレミアム銘柄に注目

eワラントはあまり投資効率が良くないという記事を昨日書きました。

しかし、せっかく一度は投資をした商品なのでもう少し勉強してみたいと考え、
昨日いろいろと情報収集をしてみました。

eワラントは行使価格が決められており、それを逸脱すると最終的に投資資金がゼロになります。
その期間が満期日として定められています。
簡単に言うと満期日までに行使価格以上の価格でないと投資資金はゼロになるという事です。

そして、この満期日がミソです。時間の経過とともにワラントの価格が下げていきます。
同じ価格で推移したとしたならば満期日までに大きく値を下げることになります。

このような商品、勝ち目はないと考えるのが普通です・・が色々勉強してみるうちに良い手を見つけることができました。良い手と言っても、自分でそう思っているだけですが。

eワラントの「プレミアム」という数値に注目してみました。このプレミアムとはeワラントを満期日まで持つときに、損益を出さないためには、対象原資産価格が何割上がればいいかを、現わしてくれる指標です。

そして「マイナスプレミアム」であれば、時間が経つほど、eワラントの価値が上がっていく計算になります。
プレミアムは、eワラントを長期的に所有したいときの、判断の目安となります。

そのような銘柄が調子よくあるのか検索してみると僅かですが見つけることができました。

こちらの銘柄、日経平均コール925回です。満期日は4月12日、行使価格は13,500円 プレミアム-0.69%です。
3月22日現在の価格は日経平均株価が19,053円にたいしてワラント価格は11.10円と言った状況です。
1,000ワラントから購入可能なので11,100円程度で購入可能となります。

この商品を満期日の4月12日まで保有したとして日経平均株価が19,053円と変わらなければ、ワラント価格は11.11円になります。満期日まで保有してもワラント価格は下がるどころか少しですが上げています。

満期日時点が19,300円の場合。11.60円、19,500円の場合。12.00円、19,750円の場合。12.50円になります。一方、日経平均株価が下げた場合は以下の通りです。

満期日時点が19,000円の場合。11.00円、18,750円の場合。10.50円、18,500円の場合。10.00円になります。

つまり今後、日経平均株価が平行線を辿るか、上昇すると考えれば、絶対的に買いたい商品に上げられそうです。
11,000円を元手に4月12日までにある程度、リスクを抑えて利益が出せる、また、日経平均株価が下げたとしてもマイナスは極力抑えられそうな商品と考えています。

現状の勉強結果は上記の通りですが、もう少し勉強をしてもう一度eワラントに挑戦してみたくなりました。