管理人が構築し保有している大手ゼネコンファンドが今熱いです。保有銘柄の大半が上方修正や増額発表が相次いでいます。大手ゼネコン今や絶好調です。

ヤフーファイナンスより転載

1720 東急建設

【決算速報】東急建設、前期経常を14%上方修正、配当も6円増額
 東急建設 <1720> が4月25日大引け後(16:00)に業績・配当修正を発表。17年3月期の連結経常利益を従来予想の165億円→188億円(前の期は197億円)に13.9%上方修正し、減益率が16.5%減→4.9%減に縮小する見通しとなった。 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の65.8億円→88.8億円(前年同期は145億円)に34.9%増額し、減益率が54.8%減→39.0%減に縮小する計算になる。 業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の20円→26円(前の期は25円)に大幅増額修正した。

2017年4月25日終値 867円 配当26円:配当利回り3.0%

1803 清水建設

1803清水建設14日午後1時、17年3月期連結業績予想の上方修正と期末配当予想の増額を発表しました。
業績予想は、営業利益を1140億円から1285億円(前期比35.7%増)に、純利益を1140億円から1310億円(同37.2%増)に引き上げた。国内工事の採算改善による完成工事総利益の増加が主因。配当予想は、期末配当を前回予想の14円から21円(前期11円)に増額、中間期配当5円(前年同期5円)と合わせた年間配当は26円(前期16円)と大幅増配となります。

2017年4月17日終値1,015円 配当26円:配当利回り2.6%

(購入時の1.82%を大きく上回ることになりました。)

1801 大成建設

大成建<1801.T>:17年3月期単体決算予想、当期利益910億円、上方修正

上記3社の報告もあり順調に株価は値上がり中。今後は東京オリンピックなども視野に入れると暫らくはこの状態が継続するのではないかと考えています。