SBI証券の魅力について

本日はSBI証券の魅力について書きたいと思います。

現在、数えきれないほどの証券会社がありますが、管理人はSBI証券がメインとなっています。そのわけは「小額投資」に向いているところでしょうか。その他の証券会社においても同様のサービスが可能かもしれませんが管理人は取りあえずこちらの会社にお世話になっています。


簡単に管理人が投資しているものについて簡単に説明しますね。

株式投資(日本株)

もちろん、通常での購入は小額投資家では叶わぬこと。SBI証券のミニ株(S株)というサービスを利用しています。このサービスを活用すると1株から購入することができます。株主としての配当金などもきっちりと受けられるため違和感なく保有することができます。手数料は以下の通り。

約定代金の0.5%(税込0.54%)
最低手数料:50円(税込54円)

外国株式

外国株式といえば少しハードルが高いように思えますがまったくそんなことはありません。また、米国株などは1株から購入できるので意外に日本株より良いのかもしれません。ただし、手数料が小額投資にとっては痛手です。以下に記載しておきます。

手数料は約定代金の0.45%(税込0.486%)
最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)

そこで、小額投資家の救世主として「海外ETF」という商品があります。海外ETFとは海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した、海外の取引所に上場している投資信託(ETF)です。少額の資金で、対象指数に採用されている全銘柄への投資と同様の効果が得られ、世界中の様々な地域・資産・商品へリアルタイムに分散投資ができます。

配当利回りも凄くよく毎月もらえる商品もたくさんあります。更にNISAの口座を開設してると購入代金の手数料が無料です。(売却時は手数料が必要)ドル建てでの投資なのでドル資産を増やすこともできます。配当金もドル建てでいただけます。

積立FX投資

最後になりますが、日本株や外国株で得られた配当金を「複利運用」するときにこちらのサービスが有効です。配当金が得られた分だけ通貨を購入することができます。管理人は日本株、海外ETFで得られた配当金や分配金を積立FX投資に再投資しています。

このように1つの証券会社で全てまかなえるので管理人のように面倒くさがりやにはもってこいということになります。1回の投資を1万円前後とした小額投資ですが、その投資で得られた利益や配当金を再投資に回しながらコツコツと資産を増やすことができればよいですね。特に投資初心者や小額投資家にはお勧めできると考えています。その他の証券会社ももっと良い条件のものがあるかもしれませんのでよく研究してください。