5月・11月配当ファンド」4銘柄保有しておりましたが、少し配当金が少ないため3銘柄追加で購入しました。


購入銘柄は以下の通りです。

・3244 サムティ  3株保有
【特色】ファンド、REIT、投資家向けに新築や再生マンション販売。賃貸案件多彩。ホテル事業拡大
【連結事業】不動産84(18)、不動産賃貸13(35)、他3(7) <16・11>
【最高益続く】主力の不動産事業はずれ込み案件が上期寄与。自社開発マンション、個人向け投資用マンションが増加。系列REIT向け販売の採算低下こなし部門益伸長。賃貸は新規取得増え、修繕費、償却増で減益だが、全体営業利益好伸。連続増配。
【P R】4月からテレビ『カンブリア宮殿』の番組スポンサーに。全国知名度上げ、営業支援と人材確保狙う。海外事業も拡大。
【業種】 不動産(非住宅) 時価総額順位 27/56社

・4825 ウェザーニューズ  1株
【特色】民間気象情報で世界最大手。航海・鉄道・航空向けの交通気象に強い。個人向けも積極展開
【連結事業】企業向けBtoB市場59、個人向けBtoS市場41【海外】22 <16・5>
【小反発】18年5月期は道路や鉄道向けサービスが案件増で伸長。個人向け気象情報も底堅い。ただ、柱の最適航路選定サービスで海運市況の回復弱い。エンジニアや海外要員の人件費増も響き、営業益戻り鈍い。
【開 拓】EUのCO2排出報告書提出義務への対応支援を開始。欧州での寄港多い海運に利便性を訴求。航空や道路・鉄道向け気象情報は、タイなどアジアで営業強化。
【業種】 他産業サービス・製品 時価総額順位 45/203社

・7921 宝印刷 2株
【特色】上場企業のディスクロージャー事業大手。上場準備から継続開示までカバー。IR支援も拡大
【連結事業】金融商品取引法関連36、会社法関連25、IR関連26、他14 <16・5>
【小幅増益】18年5月期は新規上場件数減、案件小粒化が響き、目論見書の後退続くが、総会招集通知は英文翻訳業務軸に拡大。統合報告書、事業報告書やコンサル業務も堅調。退職給付費用増加が前期で一巡。開示支援ソフト開発費増こなし営業益小幅増。
【拡 販】予算数値を自動仕訳し、非会計数値も管理する予算会計ソフト拡販に力。今後、招集通知の電子化への対応がカギに。
【業種】 金融サービス 時価総額順位 14/36社

今回追加購入したことにより5月度の配当計画:339円、11月度の配当計画:336円 合計675円となりました。
基本ベース1月から12月配当の銘柄を保有しているので、今後は個別に追加購入することで各月の配当利回りも増えていく計算になります。「5月・11月配当ファンド」の内訳は以下の通りです。

現在は毎月200円から500円の配当金が入金される予定です。この配当金を更に「複利運用」してボリュームアップしていきたい。直近で3月配当の銘柄から配当金が入金されてきています。