6月・12月配当ファンド」に2銘柄を追加購入いたしました。


過去の記事で「4月・10月配当ファンド」、「5月・11月配当ファンド」も追加で購入したことにより各月にいただける配当金が全てで200円以上になりました。

購入銘柄は以下の十です。

・4631 DIC 1株
【特色】海外企業買収でインキ世界首位。樹脂、電子材料等へ事業展開多彩。液晶材料が成長商品に
【連結事業】プリンティングインキ49(5)、ファインケミカル12(11)、ポリマ24(11)、コンパウンド8(8)、アプリ7(3)、他0(6)【海外】62 <16・12>
【最高益】自動車、電機向け樹脂や脱気用中空糸膜などが想定以上。液晶新製品も尻上がりに増加。包装向けインキの採算悪化や原料酸化チタン上昇による汎用顔料の軟化を補う。純益は最高圏に。連続増配。
【新工場】ジェットインキの脱気に使う中空糸膜は能力限界接近、8・5億円で千葉に新工場。年内稼働、能力1・5倍。来期までの戦略投資枠1250億円、案件精査。
【業種】 化学 時価総額順位 18/161社

・8929 青山財産ネットワークス 3株
【特色】資産家への運用、相続のコンサルや運用商品組成に強み。不動産事業は規模縮小しコンサル強化
【連結事業】財産コンサルティング22、不動産取引70、サブリース8、他0 <16・12>
【販売前倒し】前期の不動産大型案件が剥落も、新生銀行と共同の事業承継ファンド販売前倒しなどで補うほか、石川・小松市の大型案件竣工が寄与。利益率高い財産コンサルが新規顧客開拓、既存客深掘り進み伸長。リースも底堅い。連続増益・増配。
【グループ再編】資産コンサル子会社・孫会社を再編、効率化目指す。18年度目標中期計画は達成射程。次期中計策定を検討。
【業種】 不動産(住宅) 時価総額順位 40/83社

2銘柄を追加購入した結果、全6企業の構成になりました。配当利回りは3.46%になりました。