複利の運用」については基本的には投資で得られた配当金や金利を同じ商品に再投資して資産を増やすというのが前提です。しかしながら、管理人のような小額投資家にはそのような複利の運用は不可能です。株式投資で得られる配当金は数十円と超小額。また、FXにおいても利回りは大きくても投資額が小額投資のため僅かな金額になります。


そこで、この小額な資金を何とか再投資できないものかと考えだしたのか1通貨から投資が可能なFX投資への再投資です。本来の同じ商品に同じ利回りでの再投資はできませんが、数十円から再投資できる点は評価できると考えています。

そしてこの複利の運用のルールとして、FXで得られた金利は毎月末に再投資をする。株式投資で得られた配当金は振り替えが可能になり次第、FXに再投資をするということにしました。管理人は「FXファンド」としてレバレッジ1倍と5倍に投資をしています。こちらのファンドはSBIFXトレード社での取引ですが1通貨から購入可能なので毎月末は得られた金利での再投資が容易にできます。

SBIFXトレード社の通常口座でレバレッジ5倍、FX積立口座の方でレバレッジ1倍と仕分けをして投資しています。そうすることでレバレッジ5倍と1倍で個々にリスク管理ができています。ただし、こちらの会社は5,000円以上の入金でないと複利込み手数料が必要になるため小額での容易な入金はできません。

5月31日に金利で再投資をした通貨を掲載しておきます。青枠のところが再投資分です。為替で28円、金利で7円の計35円の利益がでています。変則複利運用の再投資はまずまずの出だしです。そして、今月末、30日は2回目の再投資となります。

一方、株式投資の配当金の再投資については管理人が取引しているSBI証券の方で全て管理することになります。SBI証券でNISAの口座を開設しているので配当金は税金がかからず入金されます。その入金された資金をSBI証券のFX口座に振替え、更にFX積立口座に振替えすることで数十円からのFX投資が可能になりました。

3月配当の企業から続々と入金があるので、都度、FXの方に再投資をしています。数十円からでも可能なので順調に無駄なく再投資をすることができています。基本的には再投資額が小額のため南アフリカランドへレバレッジ2倍として再投資をしています。為替で7円、金利で4円の計11円です。こちらも順調に推移しています。こちらは月末という定期的な期限をルール付けするのではなく、配当金が入金された時点で速やかに再投資をするということにしています。