4月・10月配当ファンド」の内、6309巴工業から配当金の入金がありました。

4月・10月に配当を計画している銘柄が少なく苦戦をしながらのファンド構築となりましたが、取りあえず嬉しい配当金の入金となりました。


これで4月・10月配当では4750ダイサンに次ぐ配当金入金となりました。

・6309 巴工業
【特色】中堅化学機械メーカー。デカンター型遠心分離機で国内首位。輸入化学品商材の扱い大きい
【連結事業】機械製造販売26(4)、化学工業製品販売74(5)【海外】18 <16・10>
【独自増額】機械工業製品は修理・部品が増え、化学工業品は住宅・建設用材料、半導体部品搬送用材料など付加価値品が想定以上に増加。為替の影響軽微。上期の貯金で通期営業益は会社計画上回り一転増益。18年10月期も同様な流れ。海外やや拡大。
【海外強化】機械品はアジア、インド、中東など代理店による販路拡大に注力。化学品もタイ子会社、中国新工場を軸に拡販。
【業種】 産業機械 時価総額順位 60/136社
巴工業

6309巴工業の良い点はやはり高財務企業というところです。無借金、自己資本比率70%超の企業です。管理人が構築しているオリジナルファンド「無借金・高財務企業ファンド」のメンバーに入れても全く問題のない企業です。

無借金企業

大きな成長は期待し辛い企業ですが長期保有には向いていると考えています。少ない4月・10月配当企業なので末永く保有したいと考えています。