4973日本高純度化学が大幅続伸

管理人が保有するオリジナルファンド「無借金・高財務企業ファンド」の内、4973日本高純度化学が大幅に続伸いたしました。



日本高純度化学<4973.T>が大幅続伸し、一時269円高の2,845円まで買われ、連日の年初来高値。24日引け後、18年3月期第1四半期(17年4-6月)単体決算を発表、大幅増収増益で着地し、材料視されている。 第1四半期は売上高23億6000万円(前年同期比32.4%増)、営業利益2億6500万円(同67.3%増)となった。スマートフォン向け半導体や電子部品の受注が引き続き順調に推移した。午前9時47分時点の株価は前日比190円高の2,766円。

4973 日本高純度化学
【特色】電子部品の接点や接続部位に使用される貴金属メッキ薬の専業。金メッキ薬に強み。無借金
【単独事業】プリント基板・半導体搭載基板用34、コネクタ・マイクロスイッチ用18、リードフレーム用41、他7【輸出】46 <17・3>
【小改善】電子部品業界の生産調整あった前期より環境好転。高級スマホ関連中心にマイクロコネクター、フレキシブル基板用のメッキ薬が上向く。純金メッキ薬は新製品投入で粗利縮小に歯止め。営業益小改善。
【純金メッキ薬】ドライバーICに最適な高硬度品に加え、膜厚を均一にできる製品を開発。いずれも下期から採用始まる公算。新規の封孔処理剤も今期に初採用目指す。
【業種】 電子部品・産業用電子機器 時価総額順位 137/252社

本日紹介している会社は有利子負債ゼロ自己資本比率70%以上あります。昨日、掲載した2186ソーバルも同様に有利子負債ゼロ、自己資本比率70%以上であり、高財務企業、有利子負債ゼロの優良企業です。

やはり、長期保有はこういった銘柄に限ります。