5月・11月配当ファンド」の内、9651日本プロセスから配当金が入りました。これで5月度の配当金は佐鳥電機に続き2社目になります。


9651 日本プロセス
【特色】独立系システム開発会社。組み込み系、発電所向けの制御系が柱。自動車関連の開発が拡大
【連結事業】制御19(21)、交通9(18)、特定情報9(20)、組込22(19)、産業・公共23(23)、ITサービス18(18) <16・5>
【上向く】18年5月期も危機管理関連は底ばい続く。制御システムは電力向け一巡で横ばいやっと。だが、自動運転支援で自動車関連が活況。組み込みは前期獲得の建機、医療向け案件が通年化。高水準の社員教育費こなす。記念配剥落だが普通増配も。
【自動運転】市場拡大受け、開発拠点を茨城県内に新設。人員も他部門からシフト。中計最終年度の17年度は人材教育に注力。
【業種】 SI・ソフトウエア開発 時価総額順位 115/166社

こちらの会社は昨日の終値が1,227円、1株配当が32.5円でした。また、11月にも17.5円~20円の配当計画があります。かなりの高配当企業と言えます。更に管理人のオリジナルファンドの内、「無借金・高財務企業ファンド」があります。こちらの銘柄群は無借金、高財務企業でファンドを組んでいますが、今回の9651日本プロセスもこの条件にも全てクリアされています。

無借金、自己資本比率80%超とまさに高財務企業と言えるでしょう。こういう銘柄は安心して長期保有ができそうです。