配当金の残骸154円をFX投資に回してみることにしました。
FXは値動きも読むことが難しく「買うタイミング売るタイミング」が非常に難しいのが現状です。


株式投資であればそれなりに企業の業績などで抽出可能ですが、為替だけはそうも簡単にいきません。
管理人も今まで何度となくFX投資にトライしたものの買う、売るのタイミングはいまだ見つからずです。
そんな状況でFXに投資をしても利益が出たとしてもそれは「運」や「買うタイミング」が良かっただけのことです。

そこで、バカチョンで何とかFX投資ができないものか実証実験をしてみることにしました。
資金は先ほど言った配当金の残骸154円のみです。

まず、管理人が考えたのは頻繁に売買することはサラリーマンの管理人ではまず不可能。
ある程度のスパンを持った投資がしたい。ある指標の元、バカチョンで売り・買いがしたい。などを考えてみました。

そこで、外貨のチャートに目をつけて何とか自分の指標がないものかと試行錯誤。
チャートも分足から年足まで様々な表現がありどれを適用したらよいか難しい選択でしたが、
管理人は「日足」チャートで今回は実証実験をしてみることにしました。

以下に米ドル日足チャートです。

ルールは簡単、青いライン(移動平均線)がチャート棒線の下になった付近で「買い」、
青いチャートラインがチャート棒の上になった時点で「売り」という超バカチョンルールでとりあえずしてみます。

今回は青いラインがチャート棒の下に来たので「買い」として参戦してみました。

1ドル110円付近だったのでレバレッジ3倍で3通貨の買いとしました。
次回は青いチャートラインがチャート棒の上になった時点で「売り」とします。
上のチャートを見て分かるように日足だとある程度の期間で青いラインがクロスしながら推移しているのである程度まったりと継続投資ができると考えています。

SBI証券→FX口座→FX積立口座だと1通貨から投資ができるので配当金の残骸154円で楽しく、面白く実証実験ができるのがいいですね。