全銘柄プラス_損益+6%

8月23日に5銘柄、9月5日に1銘柄、合計6銘柄を最強スクリーニングで購入。


本日、全ての銘柄でプラスになりました。

● 損益 +7,807円
● 含み損益+6.29% 

最近よく考えることは、どんな優良銘柄でも上がり続けることはない。
そして、どんな優良企業でも日経平均が下がると株価も下がる。
これらについて、どのように対処したらよいのかを考えて投資をする必要がありそうです。

例えば、北朝鮮と戦争が起こるかもしれない。
反面、友好的になることもあるかもしれない。
そんなことは一般のサラリーマンにわかるはずがありません。
どんなに良い会社をスクリーニングで選んでもそうした要因で大きく値を下げ長期保有せざる得ないことも起きるわけです。

管理人も以前、オリジナルファンドを構築してすべて売却していますが、
その時には利益が確実に出ていました。
そう考えると、ある程度のところで利確するほうが得策なのかもしれません。
そんなことを考えると何時どうすればよいのかわからなくなります。

今回の最強スクリーニングで購入した銘柄も来週あたり利確を視野に入れて検討する必要があるかもしれません。
1か月も経たないうちにプラス6千円程度いただければ御の字という考えが最近頭を支配しています。
株式投資の経験はおかなりありますが「買うタイミング」よい「売るタイミング」の方がはるかに難しいです。