eワラント投資の記事が続きます。

購入銘柄は年初来高値更新中の銘柄を基準にPER,PBRなどを参考に抽出しました。
ただ、eワラントの場合、発行している企業の数が断然少ないため年初来高値銘柄を探すのに少しコツがいりそうです。

まずは業種を決めるほうが簡単に選べます。
今回、管理人は業種「不動産」でeワラント商品を探してみました。
結果は三井不動産、三菱地所、住友不動産のビッグ3が出てきました。

次に通常のスクリーニングをします。
年初来高値中か、PERは等を確認。その後、業績などもチェックします。

今回はこの3銘柄中、8330 住友不動産に決定しました。

次に銘柄が決まってもeワラントには沢山の商品があるため、更に絞り込みが必要になります。
住友不動産の一覧を見てみます。

コール:通常の値上がりでeワラントも値上がりします。
プット:値が下がればeワラントは値上がりします。

どちらでも購入できるのが嬉しいところです。
今回はもちろん、「コール」です。

コールの商品も10商品があることが上記でわかります。
次のステップとしてこの10商品の中から1商品を選ばなくてはなりません。

今回、管理人が選んだ商品は「住友不動産コール第105回」という商品。

満期日と行使価格に注目です。
満期日はその満期日まで保有した場合、行使価格以下になっていたらただの紙切れになります。
反面、行使価格よりはるか大きく値を上げていれば大きなリターンが望めます。
もちろん、満期日まで保有しなくても利益が出た時点で売買することも可能です。

今回の商品は1ワラント5円以下(画面上では4.56円)なので1,000ワラントから購入可能なことから5千円もあればおつりがくることになります。

小額投資と言いながら住友不動産は1株3,600円以上もします。2株購入すれば7,200円
一方、eワラントだと4,600円程度で1,000ワラント購入できる勘定になります。

更に小額のわりに通常の株式よりリターンが大きいのも利点の一つに挙げられます。
本日の終値で確認してみましょう。

本日の終値:3,685円 +22円(+0.60%)

eワラントの方は以下の通り。

本日の終値:4.55円+2.63%/4.638円+2.48%

eワラントの場合、売りと買いがあります。
買い気配と売り気配と同様です。

こうしてみてみると通常の株式の値上がり率よりeワラントの値上がり率の方がはるかにハイリターンということがわかります。

購入後、1日が経ちましたが既にプラスで推移中です。
今後も機会があればeワラント投資にも積極的に参加したいと考えています。