組合せで利確と反省

最強スクリーニングVer3」で購入した3銘柄


・PER:15倍以下(株価収益率)
・PBR:1.0~1.5(株価純資産倍率)
・自己資本比率:50%以上
・上場来高値更新銘柄(年初来高値更新銘柄)

購入した銘柄は住友精化、三洋化成工業、スバル興業で各2株。
あまり自信がなかったので投資額は1銘柄につき1万円程度。

結果は三洋化成工業に下方修正が出て大きく値を下げることに。
そこで考えたのが3銘柄で売却すると利益が多少出る・・ということで迷わず売却。

結果は+498円

何とか3銘柄全体でプラスを維持したまま売却することができました。
今回の反省点はミニ株を購入する際、1株当たりの価格が大きいものは要注意ということ。

特に値嵩株は寄り付きの価格が大きく上下します。
ミニ株は前場始まり値と後場始り値で成り行きでしか購入できないため、想定外の価格で約定する可能性があります。

この度もスバル興業は値動きが大きく苦労しました。
ミニ株の場合、3,000円ぐらいまでが良いような気がしました。

何れにしてもプラスで終えられたことに感謝です。