7日は米国の雇用統計の発表がありました。

為替では短期的に大きく価格が変動するものには上記の雇用統計FOMC政策金利発表が挙げられます。

次回FOMC政策金利発表は12月19日です。

こうした短期的な値動きをレバレッジ888倍を活用して大きく利益を上げる投資家が居ますが、私は無理です。

ある程度の価格幅で上下に値動きしてくれれば手動トラリピでは正解になります。

1.米ドル/円 利確数 0回

2. ユーロ/米ドル 利確数 2回

3. 米ドル/スイス 利確数0回

4. ポンド/米ドル 利確数5回

全投資額 204,000 → 206,652

7日はポンド/米ドルが良い仕事をしてくれました。

様々な通貨ペアを組み合わせることによりリスクを軽減できるのが良いです。

米ドルを主軸通貨としてユーロ、スイスフラン、円、ポンドの組み合わせは今のところ功を奏しています。

今月いっぱいはこの組み合わせで検証を続けていきます。

XMで小額投資 >>> 口座開設