五洋建設が前場、ストップ安になっていたので原因を確認して思わず衝動買いをしてしまいました。

ストップ安の原因は以下のとおりです。

五洋建設 <1893> は、一時前日比100円ストップ安の528円まで売り込まれている。同社は7日取引終了後、19年3月期第3四半期累計(18年4月~12月)の連結決算を発表。売上高は3856億4000万円(前年同期比2.1%増)、営業利益は207億5500万円(同0.9%減)、最終利益は132億1900万円(同9.1%減)となった。

第2四半期累計(4~9月)の営業利益は、151億円700万円(前年同期比12.4%増)と2ケタ増益を達成していたが、今回発表の第3四半期(10~12月期)の営業利益が56億4800万円(前年同期比25%減)と大幅減益となったことを嫌気して、売りが優勢となっているようだ。

業績予想は従来見通しを据え置いた。通期業績は売上高5700億円(前期比8.2%増)、営業利益285億円(同3.2%増)、最終利益180億円(同1.0%増)を見込んでいる。

-出所:minkabuPRESS-

528円のストップ安から100円お高い529円で購入しました。

業績予想を見てもストップ安になるほどの数値ではないと考えました。

また、こちらは準大手ゼネコンで東京オリンピック、大阪万博など今後の伸びしろは沢山ありそうなことや、

PERは10倍以下、配当利回りは3%超と長期保有でも特に問題がないと考えました。

何れにしてもストップ安銘柄を購入したのは初めてで来週が楽しみなようで不安も大きい状況です。

もちろん、短期的に大きく値上がりがあれば早期に利確します。