決算発表前が仕込み時

やっと決算発表ラッシュも終わりが近づいてきました。
この決算で大儲けをした投資家、大損をした投資家と両極端です。

特に自分が投資した銘柄が大幅に上方修正したりすると翌日はストップ高、反面、悪ければストップ安になります。
私の場合も過去、そのパターンでどれだけ一喜一憂したことが。

しかし、よくよく考えてみれば決算発表前までは期待感で大きく値を上げる銘柄が多いです。
そのパターンを利用して今回は売買をしてみました。

4388 エーアイ 1,825円買い→1,867円売り +4,200円(手数料を除く)
2月13日決算発表、翌日14日は1,813円

3393 スターティアホールディングス619円買い→630円、638円、640円売り
2月13日購入、2月14日決算発表

6698 ヴィスコ・テクノロジーズの時も同様でした。また、6337 テセックも同様
結果は6337 テセック、4388 エーアイは決算発表後大きく値を下げました。
反面、6698 ヴィスコ・テクノロジーズは大きく値を上げました。

此処は考えどころです。大きく利益を上げるために決算発表を待って勝負より、確実に利確する方が間違いなさそうです。

本日は昨日、売却した3393 スターティアホールディングスが気になるところですが昨日の利確で後悔なしです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です