米国株式の配当金に関しては、まず米国内で租税条約に基づいた税率で10%が源泉徴収され、差し引かれた金額に対して日本国内でも20.315%が課税されます。

しかし、私のような小額投資ではNISA口座で取引することで米国株も非課税制度による恩恵を受けることが可能です。米国株もNISAの恩恵を受けられるとは全く知りませんでした。

米国株に挑戦>>>口座開設>>>SBI証券

その結果、米国内で租税条約に基づいた税率で10%が源泉徴収のみ税金として支払い、国内分については免除されることになります。
単純計算すると米国株による配当金にたいして10%引いた額が私の手元に入るということになります。

米国株を注文する際「預かり区分」をNISA預かりにするだけです。
ただし、私もまだ米国株を購入して一度も配当金を頂いていないので確証できるものではありません。多分大丈夫だと思いますが。

米国株同様に日本国内の株式もミニ株でNISA口座で購入していますが、全て満額配当金が入金されています。小額投資なので例え僅かでも税金で引かれるのは辛いですね。

次にADR銘柄というものをご存知ですが。
米国以外の国で設立された企業が発行した株式を裏づけとして米国で発行される有価証券となります。ADRそのものは厳密には株式とは言えませんが、裏づけとなる株式から生じる経済的権利の全てを含む有価証券であるために、株式を保有するのとほぼ同じ効果を得ることができます。

ADR銘柄のうち、配当源泉税が米国より低ければ配当の現地課税を安く抑えることができます。
ものによれば、実質的にゼロにすることも可能なのです。


米国株投資で関係しそうな国の配当源泉税率は以下の通りです。

<各国の配当に対する源泉税率(日本居住者の場合)>
・イギリス:0%
・インド:0%
・オーストラリア:0%
・ブラジル:0%
・シンガポール:0%
・香港:0%
・アメリカ:10%
・日本:10%
・中国:10%
・オランダ:15%
・カナダ:15%

つまりイギリスやインド、オーストラリアなどの国の企業がADRとして米国株式に上場していると源泉税率はゼロになります。
そして、NISA口座であれば国内の税金も無税、つまり配当金がまるまる入るということになります。

海外の魅力ある企業、更に高配当企業へ投資ができて配当金を無税でもらえる、こんなおいしい話は他にありませんね。
取り合えず、ADR銘柄にもチェックして今後は購入していくことにします。

こんな楽しい話ができるのもSBI証券の米国株投資の手数料がゼロになったからこそです。感謝です。