2銘柄売却

保有米国株のうち、2銘柄を売却しました。

売却理由は様々ありますが、やはり長期的に安定した配当がもらえる会社へ投資をしたいと考えています。

売却銘柄_1.インフォシス ADR

インフォシス(Infosys Limited)はコンサルタント、技術、エンジニアリング及び次世代サービスを提供する。【事業内容】子会社と共に、アプリケーションの開発とメンテナンス、独立検証、インフラ管理、及び製品エンジニアリング・ライフサイクルソリューション・ビジネスプロセス管理を含むエンジニアリングサービスを含むビジネス情報技術サービス、コンサルタント、エンタープライズソリューション、システム統合及び高度なテクノロジーを含むコンサルタント・システム統合サービス、並びにその銀行ソリューションのフィナクルを含む知的財産を中心とした革新及びアナリティクス・クラウド・デジタル変換の分野での提供を加速するための製品・ビジネスプラットフォーム・ソリューションを提供する。同社は金融サービス・保険(FSI)事業、製造・ハイテク(MFG & Hi-TECH)事業、エネルギー・公益事業、通信・サービス(ECS)事業、小売・消費者パッケージ商品・物流(RCL)事業、及び生命科学・ヘルスケア(LSH)事業を含む。

収集な企業で将来性もあると考えて購入しましたが、まだ私のポートフォリオに組み込むには少し早いようです。
株価も10ドルを切る価格も魅力なので将来は安定した配当金が入るようになれば定期購入して行ってもいいかななんて考えています。

売却銘柄_2.ウエストパック バンキング ADR

ウェストパック・バンキング(Westpac Banking Corporation)は銀行会社である。【事業内容】同社は消費者、ビジネス、機関投資家及び財産管理サービスを含む市場向けに、幅広い銀行業務及び金融サービスを提供する。同社は貸付、預金引受、支払サービス、投資ポートフォリオ管理およびアドバイス、年金および資金管理、保険サービス、リース金融、一般ファイナンス、金利リスク管理および外国為替サービスを含む金融サービスの提供に従事する。同社の事業はコンシューマー・バンク、ビジネスバンク、BTフィナンシャル・グループ(BTFG)、ウエストパック・インスティテュナル・バンク(WIB)、及びウエストパック・ニュージーランドを含む。同社はオーストラリア、ニュージーランド、アジア及び太平洋地域にわたって支店を有する。同社は「Westpac」、「St.George」、「BankSA」、「Bank of Melbourne」及び「RAMS」等のブランドでサービスを提供する事業を通じて運営する。

こちらは高配当銘柄として国内でも投資をする方が多いようです。株価も比較的安く魅力的な会社です。しかし、最近は本業が厳しく大きな減配リスクもあるようです。やはり安定的な配当金を出してくれる企業の方が良いと判断しました。また、こちらの企業は年2回の配当というのも少し面白くないです。通常の米国株であれば年4回ですから。

上記の理由により2銘柄を売却。そして新たな銘柄を追加購入しました。
新規企業は次回ご紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です