ドルストレートで勝負

FXをする上で「ドルストレート」という言葉をよく耳にします。
ドルストレートとは米ドルを含む通貨ペアのことを意味します。米ドルが基軸通貨であることから、FXではこのように呼ばれています。

12月はこのドルストレートを中心に1万円を手動トラリピで検証していきます。

ドルストレートの特徴として、最も人気なのが「スプレッドが狭い」ことが挙げられます。スプレッドというのは、「FX会社に入る手数料」のことです。スプレッドが狭ければ投資家には非常に有利です。特に小額投資家には最大の長所になります。

ドルストレートでは、ドルと他の通貨を直接取引していることから「スプレッド」が狭くなっています。そのため、取引でFX会社から引かれる手数料も少ないのが特徴です。

少額FX投資でなるべく利益を得たいという方は、ドルストレートが非常に有利になります。

次にドルストレートで長所として挙げられることは、ドルと他の通貨直接取引していることから値動きが変動する要因が少ないということです。そのため、値動きは比較的安定しています。

安定していてリスクが少ない一方、ハイリターンもありませんがリスクを抑えた小額投資をしたい方やFXを初めてする方にはお勧めです。

FX投資をする上で投資する通貨ペアを決めることは最も重要不可欠になります。特に小額で手動トラリピをする私の投資手法においては最大の課題でもあります。

今回、4つの口座でそれぞれ1万円を元手に「ドルストレート通貨ペア」で検証していきます。

昨日、12月6日からスタートしたので報告いたします。

1.米ドル/円 利確数 3回 

2. ユーロ/米ドル 利確数 2回

3. 米ドル/スイス 利確数1回

4. ポンド/米ドル 利確数1回

全投資額 204,000 → 202,467

トラリピの場合、利確もありますが含み損も多く抱えることになります。上記のように利確数がある程度あっても資産合計ではマイナスになることもあります。自分で投資している額を日々管理することも重要です。

XMで少額投資 >>> 口座開設

XMのレバレッジ888倍をうまく活用することで小額でもそれなりに資金を気にせず売買ができます。後は自分自身の売買ルールを考えて有効に売買をすることです。

私もXM口座を開設して数か月たちますか、当初はハイレバレッジ888倍を活用して小額で大きな額の売買をして失敗を繰り返したこともありましたが、最近はその失敗をばねに何とか自分の投資ルールが構築されてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です