10~12月期GDP、年率6.3%減 5四半期ぶりマイナス

日本経済はこの先どうなるのでしょうか。

私は現在、日本の株式市場には全く関与していませんが、心配ですね。

昨日のニュースで「10~12月期GDP、年率6.3%減 5四半期ぶりマイナス」が大きく取り上げらえていました。
この内容には新型コロナウイルスは考慮されていないとか。

この分だとお先真っ暗な状態が続きそうです。
また、更に進む高齢化や人口減少など日本のこの先はどうなるのか不安がいっぱいです。

一方、米国は人口も増えており若い人たちが沢山います。
もちろん、新型コロナウイルス等の影響もあるとは思いますが日本より良いのではないでしょうか。

長期的に投資をするのであれば、まずは投資する国を俯瞰的に見る必要がありそうです。

一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口では日本は26位に転落しています。
米国は9位と変わらず。
何れにしても「がんばれニッポン」です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です