継続は力なり!!毎月1万円を米国株投資へ

昨年9月より20万円から始めた米国株投資
2020年1月に50万円達成です。

今後は月に1万円以上を米国株投資に回して複利の運用を目指していきます。
月1万円、12か月で12万円と配当金が利回り約4%で運用、これを10年間を目標に続けていきます。

簡単なシュミレーションをしてみました。

当初の軍資金を50万円でシュミレーション
年間12万円を10年間積み立てるのでトータル120万円の投資になります。
年間の配当金も翌年に上積みしていきます。

10年後は軍資金50万円、積立金120万円、複利の運用48万円で合計218万円になります。
これは最低限度の目標金額で可能であれば月1万円以上の積立とボーナスや臨時収入も費やしていく予定。

また、毎月配当金が入金されるので1年間その配当金を寝かせるのではなく翌日には即運用していくので実質4%以上の運用になります。
さて、その月1万円をどのように用意するか、できるかが鍵になります。

安定的に月一万円を捻出するために、まず行ったことは「携帯代金の見直し」です。
今は月8千円支払っています。妻と一緒だと1.6万円ってとこです。
今回はワイモバイルに移行して月に8千円程度(2人分)になる予定です。
これで、何時もと一緒で負担なく月に8千円は確保できたわけです。

残りの2千円はアドセンスやクラウドワークス、最悪は自分のお小遣いを回して何とか1万円は確保できそうです。
こうして、無理のないところで軍資金を用立てて運用できれば投資も楽しくなりそうです。

この度の携帯電話の見直しをしてみて、まだまだ節約できそうなところが沢山ありそうです。
今後も家計の見直しを積極的に行い運用金額を増やしていきたいと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です