IBM(インターナショナル・ビジネス・マシンズ)が増配を発表

誰もが知っているIBM、現在連続増配が22年間続きています。
そして今回、心配していましたが僅かではありますが増配をすると発表がありました。

1株につき1.62ドル×4期=6.48ドル→1.63×4期=6.52ドル
たかが1セントですが、されど1セントです。

● IBM(インターナショナル・ビジネス・マシンズ)

アイビーエム<IBM>が4月20日に発表した20年第1四半期(1月1日-3月31日)決算(米国会計基準)は、売上高175億7100万ドル(前年同期比3.4%減)、純利益11億7500万ドル(同26.1%減)、1株当たり利益は1.31ドルだった。

【20年第1四半期実績】
売上高 175億7100万ドル(3.4%減)
営業利益 -
当期純利益 11億7500万ドル(26.1%減)
1株当たり当期純利益 1.31ドル

このような状況の中でも増配を続けられる企業体質に敬意を表したいと思います。

新型コロナの影響で企業は大幅に減額修正する中、増配のニュースが飛び込んでくると本当にうれしい限りです。
やはり、長い期間、連続増配している企業は改めて凄いと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です