2018´IPO戦略_ドキュサイン

2019年上場IPO閃絡に続き2018年に上場した銘柄にも目を向けてみました。
そうすると意外に面白い銘柄が多くあることに気が付きました。

まずはDOCU ドキュサインを126.93ドルで2株購入して見ました。

● DOCU ドキュサイン

ドキュサインは米国のIT・ソフトウェア企業。
主にクラウドベースで、電子署名のソフトウェアや関連サービスを提供する。
契約書などをデジタルで準備し、電子署名により契約書の締結をスピーディーに行う。
同社顧客は大企業、中小企業、個人事業主、専門家、個人など幅広い。
本社所在地はカリフォルニア州サンフランシスコ。

チャートは2019年9月ぐらいから急上昇中です。

私の今までのスタンスは大きく値を下げた優良株を反発期待で購入というスタンスが多かったのですが
これでは少し値を戻すと高値掴みしていた投資家がどんどんと売ってきます。
このような状況では中々値を上げていくことは難しい。

反面、上場してまだ時間が経っていないフレッシュな銘柄は「青空天井」、誰も損をしていないので買いが買いを呼ぶパターンも期待できます。
今回ご紹介た銘柄のチャートを見ると、以前の私であれば絶対に購入していないと思います。
時代も変わってきています。私も自分の考えを柔軟に変化させていく他ないと考えることにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です