売却企業より配当金続々入金

5月に投資方針を大幅に変更した時に売却した高配当銘柄より続々と配当金が入っています。

ウエルズファーゴ、ファーストエナジ、イートンから合計で4.82ドルになりました。
売却した銘柄に未練はありませんが、こうして配当金を貰うことには大歓迎です。

前回までの高配当銘柄狙いでのポートフォリオでは年間3万円程度の配当金が見込まれていましたが
今回の見直しで配当利回りが低い企業、無配の企業が多いため全体での配当利回りは1.75%、9千円程度となっています。

ただ、配当を出している銘柄だけで利回りを出してみると意外に3%後半という結果になっています。
ここでは唯一当初より保有しいるABBVアッヴィが利回り6%台で踏ん張ってくれているのがその要因です。

今後の理想的な展開は現在配当を出している企業が年々大幅に増配を続けること、そして無敗の企業が配当を出すようになること。
これができれば株価の値上がりと高配当が一手に入ることになります。
私の皮算用では5年前後に現在の配当金は増配により倍になると考えています。

所詮、少額投資ということもありますが、やはりフレッシュな銘柄に投資をして大きなリターンを求めたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です