保有銘柄14銘柄すべてマイナスでも納得

昨日のNY市場は-710.16ドルと大幅に下げました。
同様にナスダック市場も-222.20ドルと大きく値を下げました。

もちろん私が保有している14銘柄も全てがマイナスです。

私の保有分も大きく下げてしまいましたが、市場全体の下げに引き連れられての下げと割り切るほかないです。
同じ株価の下げでも企業自体が不調に陥っての下げ、同じ業種自体が大きく下げる場面なども考えられます。

だから自分の保有する銘柄が下げた時、なぜ下げたのかを自分自身で把握していけば焦ることも無くなります。
昨日の下げは私なりに考えると米国株全体の大幅な下げに引き連れられたと考えています。

そして一つの指標としてはNY市場の下落幅が-2.72%、ナスダック市場の下げ幅は-2.19%でしたが
私の保有株の下落率は-1.84%だったので、「良し」とプラス思考で考えることにしました。

プラスの日、マイナスの日、自分の保有分の率と、市場全体の率を比べることも重要な指標と考えます。
米国市場が上げ続けている時にはほぼ何を購入していても上げている、それを自分の才覚と勘違いする投資家も多々います。
株価の上げ下げも冷静な判断が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です