2021年のテーマのテーマをメインにミニ株投資をしています。

テーマは以下の通り

〇 全個体電池、遠隔医療、国土強靭化、再生可能エネルギー、水素、電気自動車関連、AI、5G、半導体、電子政府、遠隔操作

株式投資で自分の保有資金をいかに有効に活用するかは永久の課題です。

私は「株式投資は確率論」で考えるようにしています。1銘柄に全てをつぎ込むと大きく利益を出す可能性があるものの、大損をするリスクもあります。確率は1/2です。次に3銘柄に投資をするとある程度リスク管理が効いてくると思います。

私は自分でスクリーニングしてある程度絞った銘柄を買っていましたが安定的に利益を上げることが出来ず苦戦が続いていました。そこで自分自身、一番確率が高い投資手法は何かを考えて一つのルール、手法に辿り着きました。

投資額100万円をまず日本株と米国株に概ね半分程度ずつ振り分けました。次に日本株についてですが、2021年のテーマ関連銘柄(全個体電池、遠隔医療、国土強靭化、再生可能エネルギー、水素、電気自動車関連、AI、5G、半導体、電子政府、遠隔操作)で配当金も出している企業、更に高財務内容の高配当企業への投資です。これらの対象企業を抽出するとかなりの多くの企業が抽出されました。

そこで、SBI証券のミニ株(S株)で1銘柄概ね2万円前後、23銘柄に投資をすることにしたのです。1銘柄へ全て投資、3銘柄へ全て投資、23銘柄へ全て投資を考えると大きな利益は得られないかもしれませんが、大きなリスクも軽減されていると考えます。更に2021年のテーマに投資することで日経平均が今後上がれば恐らく私のポートフォリオも同じ値動きをすると思います。