MOアルトリア・グループを買ってみた

昨日のNY市場はナスダックの続落が目を引きました。ハイパーグロース株、いわゆる新興市場の売りの激しさが収まりません。そんな中、私のポートフォリオはNY市場が大半となり結果、プラスで終えることができました。そして、更なるリスク回避を目指してMOアルトリア・グループを購入しました。高配当で連続増配も続いています。今は暫くこうした銘柄を少しづつ購入して配当金を貰いながら米国株の復調を待つことにします。

〇 MO アルトリア・グループ

アルトリア・グループ(Altria Group, Inc)は持株会社である。【事業内容】同社の事業は喫煙可能な製品、無煙製品およびワインが含まれる。同社の完全子会社は米国でタバコの製造・販売を行うPhilip Morris USA Inc. (PM USA)、機械製葉巻とパイプタバコの生産・販売を行うJohn Middleton Co. (Middleton)、子会社U.S. Smokeless Tobacco Company LLC (USSTC)とSte. Michelle Wine Estates Ltd. (Ste. Michelle)を経由して無煙製品とワインの生産・販売を行うUST LLC (UST)を含む。他の運営会社はタバコ製品を製造・販売する子会社であるNu Mark LLC (Nu Mark)、財務資産のポートフォリオを維持する子会社のPhilip Morris Capital Corporation(PMCC)、Altria Group Distribution Company及びAltria Client Services LLCを含む。

この会社への投資を考えたのはタバコ銘柄というイメージが強く将来性を感じていなかったのですが安定した決算やキャッシュフローなど、色々調べて配当は継続維持されることを確信して購入に至りました。

配当金の過去の支払い履歴を掲載しておきます。

私は5株購入しているので1株につき3.44ドル×5株=17.2ドルの配当金。単純に米国課税10%と日本課税20%を考慮すれば12.04ドル、1株2.408ドルになる計算です。この値を現在の価格で計算してみると配当利回りは5.1%に及びます。本来ならNISA口座で保有したいところですが特定口座でも5%上回る配当利回り、長期保有候補です。

そしてナスダック市場が元気なればまた投資方針も変えていきたいと考えています。何れにしても米国株は難しい局面に来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA