NISA投資満了で特定口座へ

2022年分のNISA枠120万円分はほぼ投資が完了いたしました。配当シュミレーションによると年間配当が500ドル超の予定。勿論、税引き後の順配当金です。1か月に換算すると約40ドル超になります。

その配当金をどのように運用していくかが次の課題。そして導き出した答えは特定口座で安価で高配当なADR銘柄を毎月コツコツと買っていくことにしました。

毎月の配当金40ドルと毎月のお小遣い80ドル程度の合計120ドルを再投資に回していきます。なぜ、ADR投資をしようかと考えたかについては米国課税の10%を削減したいからです。特定口座の場合、通常のアメリカ株を購入すると国内20%、米国10%近い課税があります。そのため、米国課税の要らないADRを考えました。

ADRは世界各国の有名な企業が名を連ねていますがイギリス、インド、オーストラリア、ブラジル、シンガポールなどは米国の課税を受けなくて済むみたいです。ということで特定口座でADR投資を始めてみました。

BP BP

BPはイギリス大手の石油・ガス企業。BPグループの親会社で、子会社を通じ、原油と天然ガスの探査、生産、精製、販売、流通、輸送に従事。また、石油化学製品を製造、販売する。欧州、米国、カナダ、ロシア、南米、オーストラリア、アフリカで事業を展開。天然ガスを利用する太陽光発電や風力発電などの代替エネルギー事業も手掛ける。本社所在地はロンドン。

GSK  グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクラインはイギリスの製薬メーカー。呼吸器、抗ウイルス、中枢神経、心臓血管、泌尿生殖器、がん、ワクチン、HIV分野で医療用医薬品を展開。主要製品は、鼻炎治療薬、肺疾患治療薬、抗血栓症薬、がん治療薬、抗HIV薬、ジフテリア・インフルエンザワクチンなど。オーラルケア製品、禁煙補助薬、市販薬、栄養補助製品などヘルスケア製品も提供。

PBR ペトロブラス

ペトロブラスはブラジルの石油会社。原油、NGL、天然ガスの採掘、開発、生産、精製、輸送、販売を展開。また、石油・原油製品の輸出入、石油化学品への投資、バイオディーゼル燃料・エタノール生産、火力・風力・水力発電所の運営も手掛ける。ブラジル国内でも南米、北米、アフリカで採掘、生産、精製事業を展開。

それぞれの詳細については後日報告しますが何れの銘柄も税引き後の配当利回りにおいても余裕で3%を超えています。配当金の再投資で複利の運用狙いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA