米国株で目指せ!複利の運用

米国株のほとんどの銘柄が4半期ごとに配当金を出しています。支払い月は各銘柄により異なりますが1月、4月、7月、10月の支払い銘柄、2月、5月、8月、11月の支払い銘柄、3月、6月、9月、12月の支払い銘柄に大きく分かれます。単純に言うとこの3パターンの銘柄を保有すると毎月配当金が貰えることになります。

毎月、僅かな配当でも入れば気分もいいし、株価下落中も辛抱ができます。そしてその毎月入ってくる配当金を更に投資に回すことで複利の運用が期待できます。私のポートフォリオは配当金重視の投資ではないので資本金100万円に対して1.6%程度の配当金になります。単純計算すると1か月で13ドル前後です。

その13ドル前後の配当金で毎月1株ずつ高配当銘柄を購入していくことで更に配当金が増えていくことになります。ただ、私は少額投資なので資産が配当金で大きく増えることが無いので毎月50ドルを投資に回そうと考えています。これで1ヶ月当たり63ドルの投資になります。ということでまずは第1弾として購入した銘柄は以下の通りです。

〇 TGP ティーケイ LNGパートナーズ

ティーケイ・エルエヌジー・パートナーズ(Teekay LNG Partners L.P.)は液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)及び原油の海運サービスを提供するグローバルな会社である。【事業内容】同社は液化ガスと従来型タンカーの2つの事業部門を有する。平成24年12月31日現在、同社の液化ガス部門は27隻のLNG運送船(その中の9隻は持分法を用いて会計処理する合弁事業に属する)、3隻のLPG運送船及び2隻のマルチガス運送船より構成されている。平成24年12月31日現在、従来型タンカー部門は国際エネルギー・船会社との長期固定金利の期間用船契約で運営される10隻のスエズマック級原油タンカー及び1隻のハンディマックス級プロダクトタンカーより構成されている。同社の子会社はTeekay LNG Operating L.L.C.、Teekay Spain S.L.、Teekay LNG Holdings L.P.及びTeekay Nakilat Holdings Corporationを含む。

2016年に株価は大幅に下げていますが、今年になって少しずつ戻してきています。また、安価な株価の割には配当金も2017年以降は着実に支払われています。

最近はここにきて増配もしているみたいです。1株14ドル前後で私の毎月入ってくる配当金での支払が可能な銘柄なのでコツコツと購入していきます。前述しましたがTGP ティーケイ LNGパートナーズは2月、5月、8月、11月支払いの銘柄になるため毎月定期的に投資する50ドルでは1月、4月、7月、10月支払い銘柄と3月、6月、9月、12月支払い銘柄の3銘柄を安定的に購入していく予定にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA