RPRXロイヤルティ ファーマにビッグニュース

私のポートフォリオの中で一番資金ウエートが大きい銘柄、RPRX ロイヤルティ ファーマに良いニュースが出ました。そのニュースを受け株価は順調に上昇しています。

2021 年6 月2日、ニューヨーク州ニューヨーク、およびドイツ、プラネック- Royalty Pharma plc (Nasdaq: RPRX) と MorphoSys AG (FSE: MOR、Nasdaq: MOR) は本日、MorphoSys の 17 億ドルの一環として、20 億 250 万ドルの戦略的資金調達パートナーシップを発表しました。 Constellation Pharmaceuticals (Nasdaq: CNST) の買収。このパートナーシップは、重要な癌治療の開発と潜在的な承認を可能にする統合会社の能力の拡大を促進することが期待されています。

この資金調達パートナーシップは、ヤンセンのトレムフィア (グセルクマブ) の将来のロイヤルティを受け取るモルフォシスの権利をロイヤルティ・ファーマが取得したことに支えられています。トレムフィアは抗インターロイキン (IL)-23 であり、中等症から重症の尋常性乾癬の成人および活動性乾癬性関節炎の成人の治療薬として承認されており、潰瘍性大腸炎とクローン病の臨床開発も進められています。2020 年、トレムフィアの売上高は13億4,700 万ドルでした。  *公式HPより転載

ロイヤルティ ファーマがモルフォシスへ買収資金を提供をすることにより、モルフォシスが保有していたトレムフィアのロイヤリティ権のすべてをロイヤリティー・ファーマが取得することになるみたいです。

トレムフィアはヤンセンファーマ製造のブロックバスターでは年間13億4,700万ドルの売上を誇る薬のようです。

2025年までにトレムフィアのロイヤリティから少なくとも1億5000万ドルが調整後現金収入に追加されることが想定されています。

私はRPRX ロイヤルティ ファーマ株の購入したのは今年の初め頃、NISA口座で長期保有を決め込んで購入しました。購入単価は1株47.63ドルでした。その後、株価は低迷を続け40ドルを切る水準まで下げてしまいました。しかし、この銘柄に長期的な投資の魅力を感じていた私は特定口座からコツコツと買い足しをしていき、やっと報われる時が来たようで非常にうれしい限りです。

【NISA口座】

26株、47.63ドルの購入、現在もマイナス計上しています。

【特定口座】

コツコツと購入していき、1株当たり41.62ドル、37株の保有になっています。こちらはプラスで推移。

まだまだ大きな利益には繋がりませんが、この会社の利益率、安定感などを考え長期保有することには変わり有りません。

50日線を超えて200日線に到達しました。ここからが正念場、200日線をも越して各線が右肩上がりになれば長期上昇相場が期待できると考えています。それにしても長い低迷期間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA