RPRX ロイヤルティ・ファーマ購入

昨日の記事の続編です。ロックアップについての記事になりますが180日間の期限が過ぎて、尚且つ業績が良いIPO銘柄を探しているなか、RPRXロイヤルティ・ファーマという会社に辿り着きました。

RPRX ロイヤルティ・ファーマ 20株購入

上場は2020年6月、ロックアップ解除日は12月14日で既に1か月以上過ぎています。更にIPO上場後の決算も2回とも無事クリアしています。

こちらの会社は新薬の特許ビジネスという面白い業種です。大学や研究機関などで開発中の新薬のロイヤリティ(特許)を買い取り、新薬が無事に完成し、製薬企業などで販売されたら、「ロイヤリティ収入を受け取る」というユニークな事業モデルを展開しています。

ロイヤルティ・ファーマ(Royalty Pharma plc)は、後期段階のバイオ医薬製品への投資を行う。【事業内容】中小企業のバイオテクノロジー企業及びグローバルな製薬企業を通じて、学術機関、研究病院、非営利団体に投資する。製薬投資ポートフォリオには、約45の市販製品及び4つの開発段階の製品候補への投資が含まれる。

上場後の値動きはあまりぱっとしていませんが、ロックアップも解除され、決算も無事通過、更にIPOでは珍しく配当も出しています。何れ見直し買いが入るのは時間の問題ではないかと考えています。

こちらの企業は派手さがないので長期的にゆっくりと右肩上がり、毎年の配当アップなどを期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA