CGNXコグネックスより初配当金

15日、私のポートフォリオの第1号としてCGNX コグネックスより初配当金がありました。

本当、超小額投資のためお恥ずかしい限りです。CGNX コグネックスはNASDAQ銘柄なので配当金は少ないです。NASDAQ市場に上場する銘柄では配当金を出しているだけでも希少価値ではないでしょうか。この会社は米国の特殊機器メーカー。主に、高精度画像処理技術を取り入れたマシンビジョンシステムや工業用バーコードリーダを製造、販売する。ビジョンシステム、ビジョンソフトウェア、ビジョンセンサ、表面検査システムなどの、ファクトリーオートメーション(生産自動化)を世界各地で提供しています。

配当金の推移を見ておきます。

1株につき0.06ドルです。0.06ドル×70%(税金等)×6株=0.252ドル、少し誤差がありますがこんなもんです。配当金は非常に少ないのですが注目したいのは増配率になります。

〇 0.24ドル(今年配当)÷0.22ドル(前年配当)-1×100=9%(増配率)

同様に過去の増配率を計算してみると、その前の年は増配率10%、更に前年は11%と概ね2桁増配率を記録しています。目先の配当利回りも良いのですが将来性を考えるなら絶対的に増配率を優先した方が良いと考えています。

CGNX コグネックス

コグネックス(Cognex Corporation)は主に視覚が必要とされる製造工程において、作業を自動化するために、視覚情報を取得・分析するマシン・ビジョン製品を提供する企業である。【事業内容】同社はモジュラー・ビジョン・システム部門(MVSD)及び表面検査システム部門(SISD)を含む2つの事業部門を有する。MVSDは製造または販売工程中、それらの配置・識別・検査・測定を経由して、携帯電話、アスピリンボトル、自動車の車輪などの離散型アイテムの製造・追跡を自動化するために使用されるモジュラー・ビジョン・システム及びID製品を開発・製造・市販する。SISDは金属、紙、不織布、プラスチック及びガラスなど、連続型製造工程により加工される材料の表面に、欠陥・瑕疵がないことを保証するための検査に用いられる表面検査ビジョン・システムを開発、製造及び市販する。

100ドルに到達するも、現時点ではナスダック市場の下落に伴い値を下げています。長期保有することで配当金も増えていき、株価も上昇してくれると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA